会社設立の成立

会社設立の成立に関して


会社設立をするということは、その会社を作ろうとしている地域を管轄する法務局に必要書類一式を届け出ることによって、その会社の情報を登記簿に登記し、法的に法人として承認を受けると言う手続きのことを意味します。

そのため会社設立が成立するというのは一般的に法務局におかれている登記簿に登記した時であると言えるでしょう。登記が済むと誰でも登記簿謄本を入手することが出来るようになります。これを以って会社設立が成立したということが出来るのです。

この様な手続きは誰でも行うことが出来ますが、煩雑な作業になりますので行政書士などの専門家に委託する方法が一般的であると言えます。必要な情報と印鑑が揃っていれば専門家によっては1日で開設までこぎつけることが可能です。その様な手続きであると言えるでしょう。

一般的な事業を行う場合に会社設立する会社の種類というのは殆どのケースで株式会社、あるいは合同会社です。余程特殊なケースを除けばこの二種類であると言えるでしょう。これらの会社設立を成立させるためには法務局が指定する数々の書類を作成して届け出る必要があります。株式会社の場合も合同会社の場合も、基本的には会社設立のための書類に加えて事業内容を明記した定款、印鑑証明、事業資金の払込証明等が必要になってきます。これらを全て確認することにより、会社設立が行われますので、これらを如何に作り出すかに心を配れば自然と手続きを行うことが出来るようになるでしょう。印鑑証明のためには会社の実印を作らなければなりません。最も時間を必要とするのはこの点であると言えるでしょう。

この手続きには何かと費用がかかります。会社設立のために登記する際には手数料を支払う必要があります。その金額は定款の枚数や資本金の額など様々な点で変化が生じてきますので一概にいくらであるとは言えません。しかしながら株式会社の場合には20~30万円、合同会社の場合には10~20万円を想定しておけば大きく外れることはないと考えられます。この様にして様々な手続きを経て会社設立という作業が行われることになるのです。株式会社の場合には定款を公証役場に持ち込んで承認を得るという作業が必要になります。この手続きでも数万円の収入印紙が必要となりますので金銭的な負担はかかるものであると言えるでしょう。この様な手続きを無事に経て初めて会社設立が成立したということが出来るようになるのです。

最新記事

  • 農業での会社設立は可能か 農業というと、あまり法人化しているといったイメージは少ないのですが、農業で会社設立を …

    農業での会社設立

  • 会社設立には相応の時間がかかります 会社設立には時間がかかります。また、合同会社や株式会社といったように会社の …

    会社設立には相応の時間

  • 会社設立での事業年度の決め方 会社設立をするときには事業年度を定めることができます。そして、その事業年度で決算 …

    事業年度の決め方